1日自動車保険の申し込み・決済方法
auスマホで契約可能な1日自動車保険は?ワンデーサポーターや他商品を紹介

便利!auのスマートフォンから加入できる1日自動車保険を紹介

借りた車を運転する際に1日単位で加入することができる1日自動車保険は、スマホだけで申込みを完結させることができる利便性の高さが人気です。 特に、3大キャリアのスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)から申込みをした場合、保険

借りた車を運転する際に1日単位で加入することができる1日自動車保険は、スマホだけで申込みを完結させることができる利便性の高さが人気です。

特に、3大キャリアのスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)から申込みをした場合、保険料を月々の携帯利用料と合算して請求されるため、保険料支払いの手間もかかりません。

今回は、3大キャリアの1つであるauのスマホから申込みができる1日自動車保険について紹介。

auユーザーの方はぜひチェックしてみてください。

auのスマホで簡単に加入できる1日自動車保険とは

auのスマートフォンから契約できる1日自動車保険の種類は多くあります。

auは3大キャリアの1つで、ネットから加入できる保険などの保険料を月々の携帯使用料金と合算して請求できる決済システムを持っています。

そのため、ネットから申込みを完結できるタイプの1日自動車保険はほとんど申し込みが可能。

格安スマホなど従来の3大キャリアとは異なるスマホの場合、ネットから申し込みができない1日自動車保険もあるため、auのスマホはその分便利とも言えるでしょう。

また、auではKDDIとあいおいニッセイ同和が共同出資して立ち上げた「au損保」という保険会社があり、スマートフォンから簡単に加入できるネット型保険を多く取り扱っています。auユーザーはサービスの一環としてau損保の保険商品にau IDを利用して簡単に加入できるというメリットがあるため、au損保が取り扱う1日自動車保険に加入するのも1つの手でしょう。(※)

今回は、auから加入できる1日自動車保険の中でも、特に人気が高い下記の3つをご紹介します。

  • ワンデーサポーター(あいおいニッセイ同和損保)
  • 1DAY保険(三井住友海上)
  • ちょいのり保険(東京海上日動)

※au損保は、auユーザー以外も利用・申し込みすることができます。

ワンデーサポーター(あいおいニッセイ同和損保)の補償内容

ワンデーサポーターは、あいおいニッセイ同和損保が販売している1日自動車保険です。

ワンデーサポーターはau損保でも取り扱っており、auユーザーは申込みの際にau IDを利用して簡単に申し込みをすることが可能。

保険料などの詳細は、下記のとおりです。

エコノミープラン
ベーシックプラン
ワイドプラン
保険料800円1,000円2500円
対人賠償
責任保険
無制限無制限無制限
対物賠償
責任保険
無制限
免責5万
無制限無制限
対物超過
修理費特約
50万円まで50万円まで50万円まで
搭乗者傷害特約
(一時金払)
1,000万円
(1万円~10万円)
1,000万円
(1万円~10万円)
なし
自損事故
傷害特約
ありありなし
ロードアシストありありあり
車両補償なしなし免責金額15万円
300万円限度
弁護士費用特約なしなしなし
臨時被保険者
に関する特約
770円
最大3名
960円2,400円

ワンデーサポーターの特徴は、ロードサービスが充実している点。

事故車のレッカー費用、事故時の臨時宿泊・帰宅費用、修理後の車の引取・搬送費用も補償など、手厚いサポートを受けることが可能です。

ネックは、他の1日自動車保険の中には最安500円の保険料で加入できるプランがある一方、ワンデーサポーターの場合は800円が最安という点。

しかし、保険料に見合った充実のサポートを受けることができますよ。

1DAY保険(三井住友海上)の補償内容

1DAY保険は、三井住友海上が取り扱う1日自動車保険です。

auのスマホだけでなく、docomo、Softbank、Y!mobile、UQ mobileからも加入が可能。

1DAY保険の最安保険料は800円と、ワンデーサポーターと同じ料金設定です。

エコノミープラン
ベーシックプラン
ワイドプラン
保険料800円1,000円2500円
対人賠償
責任保険
無制限無制限無制限
対物賠償
責任保険
免責金額5万円
無制限
無制限無制限
対物超過
修理費特約
50万円まで50万円まで50万円まで
搭乗者傷害特約
(一時金払)
1,000万円
(一時金10万円)
1,000万円
(一時金10万円)
1,000万円
(一時金10万円)
自損事故
傷害特約
ありありあり
ロードアシストありありあり
車両補償なしなし免責金額15万円
300万円限度
弁護士費用特約なしなしなし
臨時被保険者
に関する特約
770円960円2,400円

1DAY保険の特徴は、ロードアシストの中に「示談交渉サービス」が含まれている点。

万が一事故を起こしても、相手方との示談を依頼することができます。

事故を起こす心配が多いペーパードライバーの方などには非常に心強いサポートでしょう。

ちょいのり保険(東京海上日動)の補償内容

ちょいのり保険は、東京海上日動が取り扱う1日自動車保険です。

最大の特徴は保険料の手頃さで、最安500円とワンコインで加入が可能。かつては多くの1日自動車保険が500円から加入することができましたが、2020年に料金が改定され、いくつかの1日自動車保険は保険料を値上がりさせました。

そんななかでも、ちょいのり保険は最安500円を保っているリーズナブルな保険と言えます。

車両補償なしプラン
車両補償ありプラン
(スタンダード)
車両補償ありプラン
(プレミアム)
保険料500円1,500円2,100円
対人賠償
責任保険
無制限無制限無制限
対物賠償
責任保険
無制限無制限無制限
対物超過
修理費特約
50万円まで50万円まで50万円まで
搭乗者傷害特約
(一時金払)
1,000万円
(1万円~10万円)
1,000万円
(1万円~10万円)
1,000万円
(1万円~10万円)
自損事故
傷害特約
ありありあり
ロードアシストありありあり
車両補償なし免責金額15万円
300万円限度
免責金額10万円
300万円限度
弁護士費用特約なしなしあり
臨時被保険者
に関する特約
250円
最大3名
750円1,050円

ちょいのり保険は、プレミアムプランで「弁護士費用特約」が付帯される点がポイント。

たとえば、事故を起こしてしまった際の相手との示談や訴訟の際に弁護士に依頼する費用が所定の範囲で補償されます。

こちらも、事故を起こす心配が大きい方には非常に助かるサービスと言えるでしょう。

1日自動車保険はどんな時に使える?押さえておくべき注意点

ここまで、auのスマホから加入できる1日自動車保険を紹介してきました。

いずれもスマホだけで申し込み手続きから保険料の支払いまで全てを行うことができるので、気軽に利用してみて下さい。

最後に、1日自動車保険を利用する前に押さえておきたい注意点を解説します。

意外と見落としていた注意点もあるかもしれないので、加入前に一度あらためて確認してみましょう。

「借りた車」を運転する際にのみ補償対象となる

1日自動車保険は、自分の車ではなく「他人名義の借りた車」を運転する際にのみ補償の対象となります。

なお、レンタカーは補償対象外。レンタカーを借りる場合には、レンタカー業者が用意する保険に加入が必要です。

また、1日自動車保険では「配偶者名義の車」や、高級車も補償の対象外となる点にも注意が必要。

奥さんや旦那さんが持っている車を運転する際には1日自動車保険では補償ができないため、一般の自動車保険に配偶者も補償対象に含めるなどの対応をしましょう。

補償期間は1日単位

1日自動車保険は、その名の通り補償期間が1日で設定されています。保険に加入してから24時間が補償期間となるため、2日以上補償期間が必要な場合には加入時に正しく設定する必要があります。

なお、ほとんどの1日自動車保険では補償期間を最大7日まで設定することが可能。8日以上補償期間が必要な場合には、別途契約をしなければいけません。

交代して運転する際には臨時被保険者特約を忘れずに

友人数人とドライブや旅行に行く際など、何人かで交代して借りた車を運転する可能性がある場合、「臨時被保険者特約」を付帯させることを忘れないようにしましょう。

臨時被保険者特約とは、1日自動車保険の被保険者本人の他に、所定の人数まで補償の対象として登録できる特約です。多くの1日自動車保険では、指定できる人数に最大3人までなどの制限が設けられていることがあるので、よく確認しましょう。

臨時被保険者特約を利用した場合、各個人がバラバラに1日自動車保険に加入するよりも一人あたりの保険料が割安になるため、複数名で運転する場合にはこちらがおすすめです。

まとめ:スマホで簡単に申込みできる保険を賢く活用しよう

今回は、auのスマホから加入できる1日自動車保険について解説してきました。

auのスマホを利用している方は、1日自動車保険の保険料を月々の携帯使用料金と合算して支払うことができるため、保険料支払いの手間もかからず非常に便利です。

また、au損保で取り扱っているワンデーサポーターは、auユーザーであればau IDを利用してお客さま情報の入力を省略して加入可能できる等、楽に加入できるメリットがあります。

ワンデーサポーター以外にもauのスマホなら加入できる1日自動車保険は多くあるので、自分のニーズに合ったものを選んでみて下さいね。