スマートフォン申し込み・決済

  • HOME
  • スマートフォン申し込み・決済
nurse

1日自動車保険はスマホで加入

全商品がスマートフォン対応

1日自動車保険の特徴としては、全ての商品がスマートフォンを使って簡単に申し込むことが可能ということです。

ただし、ドコモ、au、あるいはソフトバンクの3社と契約している端末に限定されているため、格安simなどを使用したスマホからは申込みできない点に注意しましょう。

また、ワンタイム保険はNTTドコモが販売する商品なので、ドコモの契約端末しか利用できません。

格安simを利用したスマートフォンや、ガラケーと呼ばれるフューチャーフォンを利用している人は、商品によって選択肢は異なりますが、コンビニの店頭端末で申し込むことが可能な商品もあるため、そちらを選ぶと良いでしょう。

格安スマホユーザーが1日自動車保険に加入したい場合は?

1day

現在のところ、スマホでの加入はdocomo・au・Softbankの大手携帯電話会社に限定されているので、格安スマホユーザーが1日自動車保険に加入できるのは1商品となります。

それが、三井住友海上の1DAY保険となります。

1DAY保険の場合も、スマホから加入する場合は大手携帯電話会社3社のいずれかに限定されていますが、セブンイレブンからも加入することが可能となっています。

つまり、格安スマホユーザーが1日自動車保険に加入する場合は、セブンイレブンの店頭端末から申込を行うことが唯一の方法となります。

1DAY保険は、手荷物補償が付帯できるなど1日自動車保険の中でも補償が充実しているおすすめ商品なので加入して後悔することはないでしょう。

スマートフォンの決済方法

1日自動車保険が契約を伸ばしている大きな要因の1つとして使い勝手の良さがありますが、加入手続きだけでなく決済方法も該当しています。

通常の保険商品であれば、口座振替やクレジットカード決済が一般的なので、わざわざ登録情報の記入・承認が必要なので、手間と時間がかかっていました。

いっぽうで1日自動車保険なら、保険料は各通信会社の携帯料金と一緒に請求・引き落としが行われるので面倒な手続きが不要となります。

また、保険会社側で支払い情報を審査する必要もないため、即日申込み・契約成立が実現可能です。

スマートフォンから申込む際の注意点

1日自動車保険は、ドコモ、au、ソフトバンクの大手通信会社で契約している端末であれば申込むことが可能です。

ただし、1DAY保険とワンデーサポーター保険契約者は本人名義のスマートフォンに限定されているので、車を借りる親や友人のスマホからは加入できないことを理解しておきましょう。

東京海上日動のちょいのり保険は、2親等以内の名義のスマホやケータイからでも加入できます。

また、ちょいのり保険では、Wi‐Fiやテザリング接続時には利用できない注意喚起が行われている点に気をつけましょう。

したがって、Wi-Fi接続をオフにし、3Gや4G回線を利用した状態で加入手続きを行うことになります。

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved