1日自動車保険の保険料を比較1日自動車保険の保険料を比較

  • HOME
  • 1日自動車保険の保険料を比較

保険料は各社とも同水準

1日自動車保険は、500円から加入できるお得な料金体系が人気を博し、これまで多くの人に利用されています。

保険料は500円でも補償はしっかり付いてくるので、万が一のリスクにも十分対応可能で安心です。

1日自動車保険の保険料は、各社とも500円からの商品となっており、車両保険を付けると1500円となっています。

バイク保険や自転車保険に負けない保険料のお手頃な金額と利便性で1日自動車保険は契約者数を伸ばしています。

したがって、保険料で各商品を比較する際は、割引制度に注目することで、経済的負担を少しでも軽減することが可能です。

親または友人から車を借りることは1度きりではなく、複数回になるケースが多いので、リピート割引が付いている商品はお得です。

また、今後、自動車の購入を検討している際は、任意保険に加入する際に割引が受けられる商品もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

ここでは、1日自動車保険の保険料から商品を比較しているため、少しでも出費を抑えたい人は参考にしてみてください。

ただし、1日自動車保険はレンタカーや法人の車には利用できないので注意してください。

おすすめの1日自動車保険BEST3 ~保険料編~

ワンデーサポーター

ワンデーサポーターでは、あいおいニッセイ同和損保が販売する1日自動車保険で、各種割引制度が充実しています。2人目割引が適用されるため、複数人で交代しながら運転する場合には保険料がお得となります。また、指定被保険者を最大3名まで設定できるので、加入手続きの面でも利便性の優れた商品となっています。スマホしか加入選択肢がないですが、ロードサービスが充実しており、万が一事故に遭った際も安心です。

割引制度: 2回目 【】複数人 【】新規契約 【

1DAY保険は、三井住友海上が販売する1日自動車保険で、唯一3つの料金プランを提供しています。車両補償の有無に加え、車内手荷物の損害も補償するプランが用意されているので、ゴルフバッグやカメラなど高額品を持ち運ぶ際に最適な商品となります。ワンデーサポーター同様に各種割引も充実しているので、お得な保険料で利用可能です。1日自動車保険では初のスマホ以外のコンビニから申し込みが行える商品として注目されました。セブンイレブンから申し込みが可能で、ネットで事前にワンデイ保険の登録を済ませておけば、当日自分の車以外を運転することになった時でもスムーズに手続き可能です。

割引制度: 2回目 【】複数人 【】新規契約 【

ちょいのり保険は、東京海上日動から販売されている1日自動車保険です。他社に先駆けて業界で初めて販売したことから豊富な実績があります。割引制度は上記2社に比べると見劣りしていましたが、2017年からより利便性が向上し指定被保険者制度の導入、24時間単位などライバル同等の補償内容に改善されています。さらにローソンやミニストップからの申し込みも可能になり利便性が飛躍的に向上しています。

割引制度: 2回目 【×】複数人 【〇】新規契約 【

保険料は各社同じで補償や実績で差別化

保険料は各社同じで補償や実績で差別化

現在は、あいおいニッセイ同和損保が提供する「ワンデーサポーター」、三井住友海上が提供する「1DAY保険」、東京海上日動が提供する「ちょいのり保険」の3つの1日自動車保険から選ぶことができます。

しかし、実際のところ各社が提供する1日自動車保険の保険料自体はどこも1日500円からと全く変わらないため、商品を選ぶ際は実績や補償内容などから選んでいくことになります。

なお、対人・対物賠償の無制限や車両保険の補償額最高300万円(※免責あり)など基本補償はどこも同じなのでオプションで差別化を図っています。

ワンデーサポーターを販売元するあいおいニッセイ同和損保は、自動車保険業界でもトップクラスの実績を持っており、2016年4月の段階では3兆4,185億円という国内有数の自動車保険会社なので安心して1日自動車保険も加入できます。

1DAY保険に関して言えば、他社の商品にはついていない手荷物補償がついているため、補償内容が最も充実している1日自動車保険で、リスクに手厚く備えたい人に最適です。

また、セブンイレブンからでも加入できるため、最近徐々にシェア率を伸ばしている格安SIMのキャリアのように、3大キャリア以外のキャリアに加入している人でも利用できます。

最後に、ちょいのり保険は自動車保険業界において初めて開発された1日自動車保険であるため、他社の商品と比べたら、実績という面では他を寄せ付けません。

また、本人以外の親名義の携帯電話からでも加入できるため、親名義で携帯を契約している若い世代であれば非常にありがたい上、ガラケーからも加入できるため、ガラケーユーザーも安心の商品となります。

さらに弁護士費用特約やローソンやミニストップなどコンビニでの申し込み受付を開始するなどワンデイ保険やワンデーサポーターの後発組に負けないよう変更・改善が積極的な点も魅力です。

このように、1日自動車保険は、各社とも保険料は同一ですが、それぞれが強みを持っているため、どの商品を選ぶかによって自分が受ける恩恵にも大きな差が出てきます。

保険料が同一な分、1日自動車保険は補償内容や使い勝手には十分注意し、自分にとって最適な1日自動車保険を選びましょう。

例えば、スマホや携帯電話から1日自動車保険に加入するにはドコモ、ソフトバンク、auの3社に限定されているので、コンビニから申し込みができるかは、格安スマホユーザーなどにとっては重要な判断材料になります。

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved