1日自動車保険を2名以上で比較1日自動車保険を2名以上で比較

  • HOME
  • 1日自動車保険を2名以上で比較

1人ずつ加入するより断然お得な指定被保険者制度

1日自動車保険を多く利用しているのは車を所有していない大学生など20代が多いことは他のページでも紹介しています。

そんな20代で他人の車を運転する機会と言えば両親の車以外にも友人の車であることが多い傾向にあります。

友人の車を複数人で交代しながらドライブや旅行に行く機会は珍しいことではなく、その際に1日自動車保険が非常に役立ちます。

ただし、1日自動車保険を各個人で加入した場合、車両補償も付けると合計で結構な費用負担になってしまうこともあります。

そんな時に利用したいのは1日自動車保険が提供する指定被保険者制度です。

指定被保険者制度とは、記名被保険者とは別に契約者が指定する被保険者のことで、記名被保険者と同じ補償を受けることができる制度です。

1人が友人の分までまとめて1日自動車保険に加入できるので手続きが便利な分、個人が各々加入するよりも保険料がお得になります。

ただし、指定被保険者の割引率は保険会社によって異なってくるので、ここでは各1日自動車保険の指定被保険者制度を比較しています。

気になる保険用語

保険契約者
保険契約者とは、1日自動車保険の申込をする人で運転免許証を所持し、保険料の支払義務を負う人です。
記名被保険者
記名被保険者とは、借りた車を運転する運転免許保持者で、補償の対象となり保険証券に記載さる人のことです。

おすすめの1日自動車保険BEST3 ~保険料編~

ちょいのり保険

ちょいのり保険は、指定被保険者制度の割引額が一番大きく「臨時被保険者に関する特約」を付帯させることで1度の申込で最大3名まで追加することが可能です。追加保険料は人数にかかわらず定額で各契約プランの半額に相当する保険料で済みます。つまり、1日500円の車両補償なしプランなら追加250円で付帯できます。これなら、各個人で1日自動車保険に入るよりも断然お得となります。

image

指定被保険者の割引額が大きい

ワンタイム保険は、ちょいのり保険と同じ東京海上が提供する商品であるため、指定被保険者の割引率は同じ半額相当となります。ただし、ワンタイム保険の問題点は、docomoが提供する商品であるため、docomo以外のユーザーは利用できないことです。したがって、docomoユーザー以外はちょいのり保険で加入することになり、その分魅力は劣ってしまいます。

image

ちょいのり保険と同じ料金だが対象者が限定的

1DAY保険は、東京海上日動から販売されている1日自動車保険です。他社に先駆けて業界で初めて販売したことから豊富な実績があります。割引制度は上記2社に比べると見劣りしていましたが、2017年からより利便性が向上し指定被保険者制度の導入、24時間単位などライバル同等の補償内容に改善されています。

image

2回目から割引との併用可能だが割引率は劣る

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved