1日自動車保険を2名以上で比較1日自動車保険を2名以上複数人で契約する際の指定被保険者補償はどうなる?

  • HOME
  • 1日自動車保険を2名以上複数人で契約する際の指定被保険者補償はどうなる?

1日自動車保険の特徴やメリットとは

自動車免許を持っていると、複数人でドライブ中などにちょっと運転交代してと言われたり、疲れたので友人や恋人に運転を代わってもらうなんてケースもあるはず。

「少しだけだから」と無保険で運転をしたり、複数人で運転を交代するのはリスクが高いです。

そんな時におすすめなのが1日自動車保険。これは1day自動車保険とも呼ばれますが、1day、つまり1日単位の短期で加入・契約することができる自動車保険のこと。

補償期間は加入・契約してから24時間です。

自分の車を持っておらず、家族の車を運転する頻度が高ければ通常の自動車保険に運転者限定として含めることになりますが、めったに運転しないのであればコスト面を考慮して1日自動車保険がおすすめ

ちなみに短期の運転というとレンタカーが思い浮かぶと思いますが、レンタカーについては利用中の事故を補償する制度があるので1日自動車保険については当てはまりません。

また補償条件として自家用車であることも覚えておきましょう。(キャンピングカー・レンタカー含む。最大積載量2t以下)


1日自動車保険とドライバー保険の違い

1日自動車保険の話をする際によくドライバー保険の話も出るので解説しておきます。

ドライバー保険とは運転頻度は高いが車を自己所有していない人向けの自動車保険のこと。

指定被保険者が家族や会社の車を借りて運転した際の事故を補償してくれます。

ドライバー保険の特徴は契約期間が1年間。保険料についても1日自動車保険が誰が運転しても一日あたりの金額になることに対して、ドライバー保険は等級や21歳以上であるか、以下であるかで年齢によって保険料が変動します。

注意するべきは自動車保険が車両の修理を補償に含んでいることに対してドライバー保険や1日保険は車両の修理は保証に含まれないということ。(ただし一日保険はプランなどで補償してくれる場合もあります)

保険の種類 保証期間 保険の対象 補償内容
自動車保険(任意) 通常1年、保険によっては複数年契約あり 運転者・所有する車両 対人賠償・対物補償・人身傷害・弁護士費用・車両修理など
ドライバー保険 原則1年間 運転者(所有していない車に限る) 対人賠償・対物補償・人身傷害など
1日自動車保険 1日単位 運転者(所有していない車に限る) 対人賠償・対物補償・人身傷害・車両修理などはプランによる
強制保険(自賠責) 通常24ヶ月、新車であれば37ヶ月 所有する車 対人賠償

知っておきたい、記名保険者と指定被保険者とは。複数人加入したらどうなる?

1日自動車保険に限らず自動車保険で知っておきたい用語として指定被保険者というものがあります。

指定被保険者とは記名保険者(補償の中心になる方)とは別に保険契約者が指定する補償対象者のこと。今回の1日自動車保険で言えば、複数人でドライブする場合、車をメインで運転する方が記名保険者。

運転を交代したりする可能性がある方が指定被保険者になります。

記名保険者と指定被保険者に補償の違いはありませんので、複数人でドライブ、運転する際にはきちんと指定被保険者を指定することが重要です。

記名保険者、指定被保険者ともに国内で発行された運転免許素を保有している個人が対象となります。

この指定被保険者を登録、利用すると複数人一人一人が複数ドライバー保険に加入することと比較すると割安になるのでおすすめ。

指定被保険者の割引率は各保険会社の契約できるプランによって違いますので、加入時にチェックすると良いでしょう。

おすすめの1日自動車保険BEST3 ~保険料編~

ちょいのり保険

ちょいのり保険は、指定被保険者制度の割引額が一番大きく「臨時被保険者に関する特約」を付帯させることで1度の申込で最大3名まで追加することが可能です。追加保険料は人数にかかわらず定額で各契約プランの半額に相当する保険料で済みます。つまり、1日500円の車両補償なしプランなら追加250円で付帯できます。これなら、各個人で1日自動車保険に入るよりも断然お得となります。

image

指定被保険者の割引額が大きい

ワンタイム保険は、ちょいのり保険と同じ東京海上が提供する商品であるため、指定被保険者の割引率は同じ半額相当となります。ただし、ワンタイム保険の問題点は、docomoが提供する商品であるため、docomo以外のユーザーは利用できないことです。したがって、docomoユーザー以外はちょいのり保険で加入することになり、その分魅力は劣ってしまいます。

image

ちょいのり保険と同じ料金だが対象者が限定的

1DAY保険は、東京海上日動から販売されている1日自動車保険です。他社に先駆けて業界で初めて販売したことから豊富な実績があります。割引制度は上記2社に比べると見劣りしていましたが、2017年からより利便性が向上し指定被保険者制度の導入、24時間単位などライバル同等の補償内容に改善されています。

image

2回目から割引との併用可能だが割引率は劣る

複数、指定被保険者がいる場合の一日保険に加入する際の手続きやポイントまとめ

おすすめしたちょい乗り保険やワンタイム保険、1Day保険という一日自動車保険はどれも加入・契約する際の手続きは簡単。携帯、スマートフォンからメールやwebサイト申し込みをすればそれでOK。

また500円から必要な日数契約できるので便利です。

さらに複数人、運転するのならば指定被保険者を設定することで一人一人がドライバー保険に加入するよりも割安になります。

1日自動車保険は各保険会社複数のプランが用意されているので必要に応じて補償の範囲を選ぶと良いでしょう。

まとめます。

  1. 車を借りる人自身で加入することが可能
  2. 保険料は500、1日単位で契約できる
  3. 補償期間は1日で契約した場合、加入・契約から24時間が対象
  4. 携帯やスマートフォンからWEBサイトやメールで簡単に申し込み可能
  5. 複数人ドライバーがいる場合は指定被保険者を指定すると一人一人加入より割安
  6. 様々なプランがあるので補償範囲はお好みで設定
page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved