ちょいのり保険を他の1日保険と比較

  • HOME
  • ちょいのり保険を他の1日保険と比較
haircut

ちょいのり保険の魅力を徹底分析

ちょいのり保険とは

ちょいのり保険

ちょいのり保険は、業界初の商品として他社をリードしており、累計の契約者件数ではトップを誇る人気商品です。

保険商品はどうしても後発組が先発組にないプランやサービスを付けて販売してくるので、1DAY保険やワンデーサポーターが魅力的な1日自動車保険になったときもありました。

しかし、ちょいのり保険も24時間単位および指定被保険者(臨時被保険者)を導入すると同時に新たなオプション補償を設置するなどして、今では他社に見劣りしない魅力的な1日自動車保険として生まれ変わっています。

ちょいのり保険の取り扱い会社は東京海上日動火災保険という業界トップクラスの大手損保会社なので事故受付や、クルマがトラブルに遭った際のロードサービスの拠点など充実している強みがあります。

業界初の1日自動車保険として他社にはない豊富な実績とノウハウがあるので、初めて1日自動車保険を利用する人にはおすすめです。

1日自動車保険を比較

ちょいのり保険 1DAY保険 ワンデーサポーター
保険期間 24時間単位 24時間単位 24時間単位
保険料 500円~1800円 500円~1800円 500円~1500円
特約 弁護士費用 手荷物補償
ガラケー対応
コンビニ ローソン
ミニストップ
セブンイレブン
専用アプリ

24時間と臨時被保険者で他社に追いつく

ちょいのり保険は、発売当初は保険期間が1日単位であったため、保険開始時間が遅い場合は、その分保険期間が短くなってしまうデメリットがありました。

例えば、保険開始時間が23時だった場合、0時で1日目の保険期間が終わってしまうため、2日分の補償期間が必要になります。

そして、後から発売された三井住友海上の1DAY保険や、あいおいニッセイ同和損保のワンデーサポーターは24時間単位の1日自動車保険としてちょいのり保険に差をつけました。

24時間単位なら、日付に関係なく保険開始時間から24時間適用されるため、まるまる24時間補償を受けられるメリットがあります。

こうした経緯から、ちょいのり保険も後発組に負けないよう、1日単位から24時間単位に保険期間を変更しています。

したがって、1日自動車保険を比較する際にちょりのり保険が劣勢になっていた部分が見事に改善されており、魅力的な商品として他サイトでも紹介されています。

弁護士費用はちょいのり保険だけ

1日自動車保険は、基本的な補償内容や保険料は各社横並びであるため、オプションの補償などで差をつけています。

1DAY保険は、手荷物補償を付帯できるプランを用意して注目を集めましたが、ちょいのり保険は弁護士費用で差別化を図っています。

弁護士費用は通常の自動車保険でもよくある特約ですが、損賠賠償請求や法律相談の際に役立つ補償で付帯している人も多いのではないでしょうか。

弁護士費用補償特約は上限300万円までを補償してくれるのですが、日本弁護士連合会によると交通事故の案件は、着手金と報奨金を合計で90万円程度なので十分保険で賄えます。

弁護士費用特約の最大の利点は、なんといっても自分で示談交渉をしなくて済み、法律のプロに任せられる点です。

裁判所に行く時間や手間がなくなるので仕事や日常生活への支障を最低限に留めることができます。

1日自動車保険では、ちょいのり保険だけが付帯できる補償なので、万が一事故に遭った際の補償を充実させたい人にはおすすめです。

携帯電話(ガラケー)から加入できる

1日自動車保険は、スマホで簡単に加入できることが注目されると同時に若い世代への普及が一気に拡大しました。

ただし、スマホと言っても全ての人が利用できるわけではなく、au・Softbank(Ymobile!)・docomoの携帯電話会社に限定されているので注意が必要です。

しかも大手携帯電話会社の契約でもガラケーと呼ばれるフィーチャーフォンに対応しているのはちょいのり保険だけとなっています。

ちょいのり保険なら、スマホユーザーではなくても、大手携帯電話会社3社のいずれかに契約していれば1日自動車保険に申し込みができます。

携帯電話やスマホなど場所や時間を選ばずにいつでも加入できると急に他人のクルマを借りることになった場合もその場で加入できるので非常に便利です。

コンビニ申し込み可能(しかも2店舗)

上記で説明した通り、携帯電話会社が大手3社に限定されているため、格安スマホユーザーなど端末から直接申し込めない人はたくさんいると思います。

そこで、後発組の1DAY保険は、コンビニのセブンイレブンから申し込みが行えるサービスを提供し、au・Softbank・docomoユーザー以外の人でも申し込みが可能になりました。

以前は1DAY保険だけがコンビニから直接申し込める唯一の1日自動車保険でしたが、2018年夏ごろからはちょいのり保険もコンビニから申し込みが行えるようになっています。

それまでもちょいのり保険はローソンに置いてある資料からQRコードを読み取って申し込むことはできましたが、結局はスマホからの申し込みとなるため制限がありました。

それが、2018年5月30日から全国にあるローソンおよびミニストップに設置してある「Lopppi」「MINISTOP Loppi」のマルチメディア端末から申込が行えるようになっています。

したがって、ちょいのり保険に申し込みたいけど大手3社の携帯電話を持っていない人でも、ローソンかミニストップのコンビニに行けば加入できます

乗るピタ!の口コミ・体験談

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved