1日自動車保険普及の背景

  • HOME
  • 1日自動車保険普及の背景
mind

若者の車離れから誕生した1日自動車保険

マイカー所有率の低下による無保険事故の増加

近年は、若い世代を中心に車離れが深刻化しており、マイカーを持たない人が増えています。

様々な要因が交錯していますが、主に「経済的理由」「ライフスタイルの変化」「居住環境」「交通インフラの発達」などがあげられます。

以上のことから、大学生や独身の人が中心に両親や友人の車を運転する機会が増えるいっぽうで、保険に加入せずに事故を引き起こしてしまう無保険運転事故の増加が懸念されていました。

そこで誕生した1日自動車保険は車を借りる際に加入する保険で、補償期間は1日単位(※現在は24時間単位)、保険料も500円から利用できる手頃な保険として注目されています。

利便性の高さとお得感で大ヒット

1日自動車保険は、車を借りて運転する際に補償が受けられるよう開発された商品のため、1日単位で最長7日間までの加入が可能となっています。

両親から車を借りてちょっと運転したり、友人と交代で運転しながらドライブ旅行に行くときに役立ちます。

保険料は1日500円のワンコインから利用可能で、車両補償ありのプランでも1500円で加入できるのでお得です。

手軽に加入できますが、補償内容は通常の自動車保険と同様に充実の内容となっているので安心です。

そんな利便性の高い1日自動車保険は、20代の若い人を中心に多くの人から利用されており、東京海上日動の「ちょいのり保険」いたっては、販売開始から3年足らずで利用申込者が累計100万件を突破する大ヒット商品となっています。

近年は1日単位から24時間単位が主流となり利便性がさらに向上しています。

また、2019年1月からは損保ジャパン日本興亜損保が12時間保険の発売を発表しており、1日自動車保険の選択肢がより広がっています。

無保険運転事故の抑制

自動車保険に加入していないで事故を引き起こしてしまうケースが増えており、その数は年間10万件以上にも及ぶと言われています。

他人の車を運転する際に補償してくれるドライバー保険は以前からありましたが、保険期間が1年間と長期のため、その分保険料も高いのがネックとなっていました。

1日自動車保険なら1日500円からの保険料で利用できるので、加入へのハードルが低くなっているのが魅力です。

例えば、業界に先駆けて販売を開始した東京海上日動の「ちょいのり保険」は、これまでに累計3,000件を超える事故対応を行っており、無保険運転事故の減少に貢献しています。

たとえ少しの間だけ車を借りる場合でも事故のリスクは付きものなので、1日自動車保険に加入して万が一に備えることは重要です。

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved