1日自動車保険の基礎知識
1日保険(一日保険)は自動車保険とは違う?当日入れる便利な保険を紹介

1日保険(一日保険)の基本

1日保険(一日保険)の基本

1日保険(一日保険)は、自動車向けの商品もレジャー・スポーツ向けの商品もあります。

自動車保険と違いはある?1日保険(一日保険)の補償内容

1日保険(一日保険)というと、主に「1日自動車保険」を指すことが多いです。1日自動車保険とは、その名の通り1日単位で加入できる自動車保険のこと。

ただし、自己所有の車やレンタカーは、1日保険(一日保険)に加入することはできません。友人や家族などの他人が所有している車を借りている場合のみ、なおかつ運転中の事故が補償の対象となります。

1日保険(一日保険)の補償内容は保険商品によって異なりますが、他人にケガをさせてしまったときの対人賠償責任保険、他人の財物を壊してしまった時の対物賠償責任保険、搭乗者のケガに対する搭乗者傷害特約などが基本補償として含まれます。

1日保険(一日保険)に特約をつければ、借りた車の損害も補償される車両補償を付けることも可能です。

「たった1日借りるだけだから保険は必要ない」と思う方もいるかもしれませんが、もし1日保険(一日保険)に入っていない場合、借りた車で事故を起こした際には全く補償がされず事故費用を全額負担ということも十分ありえます。

借りた車の所有者がもともと加入していた自動車保険を使って補償してもらうにしても、自動車保険の等級が下がり今後の保険料などが割高になってしまうため、保険を使わせてもらうことが難しい場合こともあるでしょう。

このようなことを考えると、借りた車を運転するときには、自分できちんと1日保険(一日保険)に加入しておくことがベストです。

ドライバー保険との違い

借りた車の運転を対象とした保険商品として、「ドライバー保険」もあります。

1日保険(一日保険)とドライバー保険の違いは、主に補償期間と補償内容です。ドライバー保険は基本的に1年間が補償期間となるため、人の車を借りて運転することが比較的多い人に向いています。

また、1日保険(一日保険)の場合レンタカーは補償の対象にならない一方、ドライバー保険であればレンタカーも補償の対象に。ただし、ほとんどの保険商品には車両補償は用意されておらず、対人賠償や対物賠償、搭乗者傷害特約などに補償内容が限られてしまいます。

マイカーを所持していないが、車を運転する機会は多いという方は、保険料の観点から見るとドライバー保険の方がおすすめです。もしあまり運転する機会が多くないという方は、1日保険(一日保険)に加入することを検討してみてはいかがでしょうか。

1日保険(一日保険)の補償内容と特約

1日保険(一日保険)の基本補償
対人
賠償保険

借りた車を運転中の事故等によって被保険者が相手を死傷させた際に負う法律上の損害賠償額が補償される。

ただし、補償されるのは自賠責保険の補償範囲を超過した分が対象。補償の金額は無制限

対物
賠償保険

借りた車を運転中の事故等によって被保険者が他人の財物に損害を与えた際に、損害賠償額が補償される。補償の範囲は他人の物に限定されるため、自分や家族の物は補償外。

補償の金額は無制限だが、補償の対象となる財物の時価を超える分については補償されない

対物
超過修理
費用特約

対物賠償保険金が支払われる事故の際、相手の車の時価額を超える修理費用が発生した場合に、その差額が補償される。

自損
傷害特約

借りた車を運転中に起こした単独事故(電柱に衝突など)など、自賠責保険で補償されない事故で被保険者や乗車中の家族にケガや死亡・後遺障害が発生した場合、補償が受けられる。

※単独事故の場合、治療費等は自己負担となってしまうが、自損傷害特約があれば保険金を受け取ることが可能。

搭乗者
傷害特約

借りた車を運転中に、搭乗者(乗車中の人)が死傷した場合や後遺障害が生じた場合に補償が受けられる。

ロード
アシスト

借りた車が事故や故障で動かなくなった車を修理工場までレッカー搬送する際に必要な費用を補償。

臨時宿泊費用や帰宅用の交通費、補助やガソリン切れ時の燃料配達など保険会社によって様々なサービスが付帯されています。

1日保険(一日保険)の基本補償
対人賠償保険

借りた車を運転中の事故等によって被保険者が相手を死傷させた際に負う法律上の損害賠償額が補償される。

ただし、補償されるのは自賠責保険の補償範囲を超過した分が対象。補償の金額は無制限

対物賠償保険

借りた車を運転中の事故等によって被保険者が他人の財物に損害を与えた際に、損害賠償額が補償される。補償の範囲は他人の物に限定されるため、自分や家族の物は補償外。

補償の金額は無制限だが、補償の対象となる財物の時価を超える分については補償されない

対物超過修理費用特約

対物賠償保険金が支払われる事故の際、相手の車の時価額を超える修理費用が発生した場合に、その差額が補償される。

自損傷害特約

借りた車を運転中に起こした単独事故(電柱に衝突など)など、自賠責保険で補償されない事故で被保険者や乗車中の家族にケガや死亡・後遺障害が発生した場合、補償が受けられる。

※単独事故の場合、治療費等は自己負担となってしまうが、自損傷害特約があれば保険金を受け取ることが可能。

搭乗者傷害特約

借りた車を運転中に、搭乗者(乗車中の人)が死傷した場合や後遺障害が生じた場合に補償が受けられる。

ロードアシスト

借りた車が事故や故障で動かなくなった車を修理工場までレッカー搬送する際に必要な費用を補償。

臨時宿泊費用や帰宅用の交通費、補助やガソリン切れ時の燃料配達など保険会社によって様々なサービスが付帯されています。

1日保険(一日保険)の特約
車両補償

借りた車を運転中に起こした事故によって乗車していた車が壊れた場合に、修理費用を最大300万円まで補償される。

ただし、免責金額として10万円~15万円が設定されているケースがほとんど。

車内手荷物補償

借りる車の車内およびトランク内にある「個人所有の財物」に損害があった場合に、10万円を限度に保険金が支払われる。

弁護士費用補償特約

借りた車を運転中に起こした事故において、他人に対して損害賠償請求を起こす場合に発生する法律相談費用や弁護士費用を最大300万円まで補償。

1日保険(一日保険)の特約
車両補償

借りた車を運転中に起こした事故によって乗車していた車が壊れた場合に、修理費用を最大300万円まで補償される。

ただし、免責金額として10万円~15万円が設定されているケースがほとんど。

車内手荷物補償

借りる車の車内およびトランク内にある「個人所有の財物」に損害があった場合に、10万円を限度に保険金が支払われる。

弁護士費用補償特約

借りた車を運転中に起こした事故において、他人に対して損害賠償請求を起こす場合に発生する法律相談費用や弁護士費用を最大300万円まで補償。

※特約については、保険商品によって用意されているものが異なります。すべての1日保険(一日保険)がこちらに掲載している特約を付加できるわけではないので、注意してください。

保険料の相場

1日保険(一日保険)の保険料は、500円が基本的な相場です。

ただし、500円というのは、最低限の基本補償のみのプランの場合。1日保険(一日保険)に車両補償などのオプションや弁護士費用補償などの特約を付けると、1,000円~2,000円ほどの保険料になります。

どのような特約がついているかは保険商品やプランによって異なりますが、車両補償特約は一般的な1日保険(一日保険)なら用意されているはずです。

オプションや特約を付けると保険料が高くなってしまうため、付けるかどうか悩むといった方も多いかと思いますが、最低限車両補償は付けておくことをおすすめします

1日保険(一日保険)の車両補償は免責金額が10万円~15万円となっているため、ちょっとぶつけた程度では修理費は自己負担になってしまいますが、大きな事故の場合には修理費を保険で賄えるのは非常にありがたいです。

大きな事故を起こして、車の修理代もすべて自分が負担して弁償するというのは、想像してみるとなかなか辛いでしょう。そのような万が一のケースに備えて、1日保険(一日保険)に加入する際には車両補償の付加を検討してみてください。

人気の保険商品「ちょいのり保険」「1DAY保険」「乗るピタ」

ここでは、1日保険(一日保険)として人気の保険商品をご紹介します。

ちょいのり保険

ちょいのり保険
ちょいのり保険は、東京海上日動が販売している1日保険(一日保険)です。最初に発売された1日保険(一日保険)だけあって、加入率や評判などが高く、契約者数は累計300万件を突破。

保険料は500円からという手軽な料金で、車両補償をつけると1,500円になります。さらに、弁護士費用特約といって、事故に関して弁護士に相談するための費用補償がされるプランも用意されています。

申し込みは、ドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯会社3社と契約している携帯電話・スマホから。また、それ以外にもY!mobileや楽天モバイル、mineoなどの格安スマホや、パソコンからの申込みも可能です。

加えて、ちょいのり保険は申込みの際に2親等以内の携帯電話からでも加入手続きできるのが特徴です。そのため、自分の名義で携帯電話を持っていなくても、親や兄弟の携帯電話を利用して申し込むことができるのです。

もしスマホ・パソコンが手元にない場合でも、ローソン・ミニストップ店頭にある専用端末からも申し込みが可能なので、申し込みに関しては非常に利便性が高い保険商品と言えるでしょう。

1DAY保険

1DAY保険
1DAY保険は、三井住友海上が販売する1日保険(一日保険)です。特約として、車内手荷物補償特約を付加することができる唯一の自動車保険で、レジャーに行く方から人気の高い保険商品です。

高価なカメラやゴルフセットなどを車に積んでいる場合、事故で破損すると修理費用として大きな負担が発生します。このような負担を補償してくれるため、家族旅行や友人とのレジャーの際に活躍する保険と言えるでしょう。

1DAY保険は、大手携帯会社3社と契約しているスマホ・ガラケー・タブレットから申し込みが可能。また、セブンイレブンの店頭でも加入ができるので、気軽に申し込みやすいです。

ただし、パソコンからの申し込みや、大手携帯会社以外と契約しているスマホからは申込みができないので、注意しましょう。

乗るピタ

乗るピタ!
乗るピタ!は、損害保険大手の損保ジャパン日本興亜が販売する1日保険(一日保険)です。業界初の12時間単位で加入ができるため、ちょっとだけ車を借りて乗るという方におすすめ。

また、「臨時被保険者に関する特約」が用意されており、臨時被保険者(記名被保険者=保険の対象となっている人の承諾を得て借りた車を運転中の方)が事故を起こした時にも補償が適用されます。

契約手続きは大手携帯会社3社、もしくはそれ以外のスマホおよびパソコンから可能で、他の1日保険(一日保険)と比べて携帯電話会社を気にすることなく加入できるところが人気を集めています。

自動車保険以外の1日保険(一日保険)の種類

1日保険(一日保険)は、自動車向けだけでなくスポーツやレジャーなどに備える保険商品も販売されています。

年に数回のレジャーのために傷害保険や生命保険に入るのではなく、お得な料金で気軽に一日単位で加入できるということで、レジャー向けの1日保険(一日保険)は若い世代やファミリー層から人気を集めています。

ただし、保険会社によって補償の対象や保険金額は異なっており、自分の活動目的に合った1日保険(一日保険)を選ばないと、ケガをしても補償が受けられないなどトラブルのもとになるので注意が必要です。

ドコモワンタイム保険(スポーツ・レジャー)

ドコモワンタイム保険は、スキーや登山など、様々なレジャーの中で自分がケガをして入院したり、人にケガをさせて賠償責任を負ったりした際に補償される1日保険(一日保険)です。

こちらの1日保険(一日保険)は、ドコモの携帯ユーザーが契約対象となっている保険商品で、ドコモの携帯電話料金と一緒に保険料が自動引き落としされます。そのため、ドコモユーザーにとっては非常に使い勝手の良い商品です。

1DAYレジャー保険(レジャー全般)

こちらは、三井住友海上が発売している1日保険(一日保険)です。スキーやスノボ、ゴルフ、ハイキングなど、レジャー全般を対象としたプランが用意されており、目的に合わせて最適な補償を受けることが可能です。

契約対象は、ドコモとau、ソフトバンク(Y!mobile含む)のスマホを使っている方。パソコン等からは契約ができず、携帯会社と契約している携帯電話・スマホ・タブレットからの申込みになります。

もし大手携帯会社3社と契約していない場合でも、1DAYレジャー保険はセブンイレブンから加入が可能。手元にスマホがなかったり、携帯料金と一緒ではなく現金で保険料の支払いを行いたい場合は、セブンイレブンからの申込みをおすすめします。

自動車保険以外の1日保険(一日保険)の種類

今回は、1日単位で手軽に加入できる1日保険(一日保険)について紹介してきました。

基本的に、1日保険(一日保険)というと自動車保険を指すケースが多いですが、保険会社によってはスポーツや旅行などの保険商品も販売しているので、ぜひ活用してみてください。