名義とは

mind

自動車保険における名義とは

自動車保険の名義は3種類

名義とは

名義とは、書類や証明証に所有者もしくは責任者として記載される名前のことを言います。

自動車保険に加入する際は、「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」の3種類の名義設定必要がとなります。

契約者

契約者はその名の通り保険会社と契約を交わして保険料の支払義務を負う人のことで、自動車保険の契約または解約する権利があります。

また、加入時の告知義務や契約内容に変更があった際の通知義務も契約者が負うことになります。

記名被保険者

記名被保険者は、自動車保険の場合は車を運転する人のことを指し、契約者同様に告知・通知の義務は負いますが、契約者と異なる人物でも大丈夫です。

つまり、契約者が「夫」で記名被保険者が「妻」というケースも考えられ、「主な運転者」が記名被保険者に記載されてくることになります。

契約者と被保険者が必ず自分名義になることはなく、契約したい自動車を誰が主に運転するかで異なってきます。

なお、自動車保険の補償範囲や保険料は、契約者ではなく記名被保険者の年齢や免許証の色によって異なってきます。

車両所有者

車両所有者は、契約する車を所有している人のことで、車をローン等で購入した場合はディーラーや金融機関が該当してきます。

この場合、車はいつも自宅に合って運転しているのですが、使用者の位置づけで自分名義ではありません。

自動車検査証(車検証)の所有者の欄に記載されている人が、車両所有者となります。

名義変更の手続き

車の所有者が変われば名義変更が必要になり、それに伴い自動車保険の名義変更も必要になってきます。

例えば、車を子供にあげた、主な運転者が変わった、あるいはローン完済により車両所有者が自分になった場合が該当してきます。

契約者の変更手続きは、保険会社に電話することで対応してもらえますが、契約者および記名被保険者の変更の際は「変更届出書」の記入・提出が必要になります。

なお、記名被保険者の変更の場合は、等級を引き継げることがあるので、高い等級をそのまま維持できるかもしれません。

等級引継ぎが可能な場合

  • 配偶者間
  • 同居の親族間(親子・兄弟など)
  • 個人・法人間(起業や廃業の際に)

1日自動車保険における名義の注意点

1日自動車保険は、あくまで他人の車を運転する際に加入できる商品であるため、自分名義の車は対象外になっています。

さらに、自分名義ではなくても配偶者名義の車も同様に対象外となっているので、通常の自動車保険の等級を下げたくないからと遠出などの際に加入するような使い方はできないので注意しましょう。

また、ローン等で車を購入したことから自動車車検証の名義欄に金融機関やカーディーラーが記名されていたとしても、使用者欄に自分の名前や配偶者の名前が記載されていれば自分名義と同じく加入できません。

つまり、現金であれローンであれ自分または配偶者が購入した車では1日自動車保険は利用できないということになります。

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved