1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版

1日自動車保険比較ランキングとは?

1日自動車保険とは、1日500円から加入できる短期型の自動車保険です。両親の車や友人の車を借りて運転する際に手軽な保険料で万が一に備えられます。スマホで簡単に登録できて、しかも保険料は携帯料金と一緒に決済されるので非常に便利です。販売開始当初から、マイカーを持たない若い世代を中心に大人気となっています。当サイトでは、1日自動車保険の基礎知識を紹介すると同時に、各保険会社から販売されている商品を口コミやおすすめ度合いを含めて比較やランキングで紹介しています。保険選びの参考になれば幸いです。

1日自動車保険総合ランキング

1DAY保険は、三井住友海上から販売されている1日自動車保険です。他社と異なり、手荷物も補償されるプランを用意しています。高額になりがちなゴルフバックやカメラなどを積んで運転する場合は、万が一事故で破損した場合も安心です。セブンイレブンからも申込手続きができるので、スマホが無い人でも加入可能です。

image

他社にはない手荷物補償の安心プランを設置!

ちょいのり保険は、東京海上日動から販売されている1日自動車保険です。東京海上が業界に先駆けて1日自動車保険を誕生させた経緯があり、一番歴史と実績があります。累計契約者数は300万件を突破するなど、多くの人から利用されています。

image

300万件超の契約者数を突破する人気商品!

ワンデーサポーターは、あいおいニッセイ同和損保が販売している1日自動車保険です。割引制度が充実しており、2回以上利用する場合や複数人で利用する場合に保険料がお得になります。指定被保険者が設定できたり、対物超過修理費用が付いてくるなど利便性の高い設計となっています。

image

割引制度が充実しており、保険料がより安くなる!

1日自動車保険って何?

1日自動車保険って何?

車を運転するドライバーなら1度は必ず耳にしたことのある自動車保険ですが、自動車保険に強制的に加入しなければならない自賠責保険とそれ以外の任意保険があります。

もし、事故を起こしてしまった際の最低限の保障は自賠責保険でカバーされるものの、慰謝料・治療費・破損した車両の修理費などを考慮すると任意保険に加入しておくことは非常に重要です。

1日自動車保険とは、車を保有していない方もしくは保有しているが他人の車を運転する機会がある方向けの保険商品であり、もしもの事が起こった際のロードサービスや賠償金の補償を受ける事が可能となります。

1日当たりワンコインの500円から加入する事ができる手軽な保険であるため、自分の車を所有していない若い世代を中心に人気があります。

また、スマホやコンビニから簡単に申込できるので、実家に帰省した際の家族所有の車を運転する際や友人とドライブに出かける際は加入することをおすすめします。

1日自動車保険の必要性

1日自動車保険の必要性

自分の車ではない、他人所有の車を運転する可能性が少しでもあるなら1日自動車保険への加入は必須と言っても過言ではありません。

対人賠償・対物賠償はもちろんのこと、搭乗者傷害保障や人身障害保障といった内容は、強制保険である自賠責保険では限界があります

また、不幸にも事故を起こされてしまった場合のことを考慮した上で、相手の車が無保険車両や盗難車両、犯罪者や反社会的組織の場合、自分に落ち度がなかったとしても相手側が逃げてしまうケースや支払い能力がなかった場合は自分が加入している任意保険でどうにかしなければなりません。

1日自動車保険なら、通常の任意保険と同様の補償をワンコインから加入できるため、手軽にかつ安心なドライブを楽しむことができます。

「ちょっとそこまで」という気の緩みが重大な事故につながるとよく言われているので、少しでも他人の車を運転する際は加入しておいて損はありません。

1日自動車保険の対象者

1日自動車保険の対象者

1日自動車保険のメインターゲットは、主に自家用車を所有していない若い世代です。

スマートフォンで簡単に契約でき、1日500円で利用できることから週に一回程度しか車を運転しない人であれば、年間52回利用しても保険料は年間26000円に留めることができるので、自家用車を所有しておらずあまり車を運転しない人にとっては大変お得な自動車保険です。

しかし、1日自動車保険に加入する際に注意する点もあり、それは加入できる場合とできないことがあることです。

1日自動車保険の対象となる車両は、基本的に個人所有の自家用乗用車(普通乗用車・小型乗用車・軽四輪乗用車)です。

そのため、フェラーリやランボルギーニといった高級車やキャンピングカー等を、知人や友人に借りた場合は適応されません。

また、これら条件を満たしていても以下のような場合はご利用できないので、注意が必要です。

1日自動車保険が対象にならないケース

  • 本人名義の車を運転する場合
  • 妻名義、夫名義といった、名義人が配偶者の車を運転する場合
  • レンタカーを借りて運転する場合
  • 原付・バイクといった、二輪車を借りて運転する場合
  • 法人名義の社用車を運転する場合(一部例外あり)
  • 車検切れや、登録が抹消されてるの車を運転する場合
  • 実在しない車を運転する場合

このように、1日自動車保険は①知人や友人の他人名義の車、②兄弟や親名義の車、といった自分名義の車以外を運転する際に利用できる自動車保険になります。

制限が多いように感じますが、ドライバー保険などの一般的な自動車保険は21歳未満の料金が割高になってしまうのに対して、1日自動車保険では他人名義の車を運転するにもかかわらず、18歳以上の自動車免許を持つすべての人がワンコインで加入できます。

また、借りて乗るので、友人から車を譲り受けた際に行う面倒な名義変更は必要ありませんので、名義が違う車を借りて乗る際には気軽に契約できます

配偶者の車や法人名義の車には適応されませんが、親元を離れて暮らす大学生や、若い人々が友達とドライブしたり、帰省した際に親の車に乗る際に1日自動車保険に加入していれば、車を貸す側・借りる側双方に安心なのが最大の魅力となります。

自分名義とは

1日自動車保険は、自分名義の車には適応されませんが、そもそも一体「自分名義」とはどういう意味なのでしょうか。

人がものを購入したり、契約したり、所有したりするには、普通はその行為を行う本人が自分の名前を名義として表示します。

まず、「名義」とは法律上の権利の主体として表示されている名称のことを言います。

自動車の場合でいう名義とは、自動車登録ファイルの所有欄に記載している名前のことを指します。

そのため、1日自動車保険でいう自分名義の車とは、自動車登録ファイルの所有欄に自分の名前が記載してある車のことを指します。

この名義が自分名義あるいは配偶者名義であれば、1日自動車保険の補償の対象にはならないため注意が必要です。

加入方法・流れ

加入方法・流れ

非常に重要とされている1日自動車保険ですが、それでは実際に加入するためにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、加入方法は商品によって異なっており、インターネットやコンビニで手続き可能な商品もあれば、スマートフォンからでしか直接申し込みできない場合もあるため注意が必要です。

保険料の決済方法は、コンビニの場合はそのまま窓口で支払うことが可能ですが、スマートフォンの場合は携帯電話代と一緒に引き落とされるため便利です。

契約内容ですが、補償期間は1日単位で最高7日間まで契約を結ぶことが可能ですのが、それ以上の場合は複数回に分けて申し込む必要があります。

また、その日のうちに契約できるので、突然運転するとなった場合でも手続きすることは可能ですが、当日の申込の場合は車両補償が付かないケースがほとんどです

1日自動車保険は1ヶ月以上前から申込みできるため、できるだけ余裕を持って手続きするよう心がけましょう。

1日自動車保険の加入方法比較

商品名 携帯電話 スマートフォン コンビニ
1DAY保険 × docomo/au/softbank セブンイレブン
ちょいのり保険 2019年5月28日で終了 docomo/au/softbank ×
ワンデーサポーター × docomo/au/softbank ×
ワンタイム保険 docomo docomo ×

※softbankから申し込める場合はY!mobileも利用可

保険商品の選び方

保険の選び方

保険会社各社が提供している1日自動車保険ですが、さまざまなプランや特徴があるためどの保険に加入することがベストなのか迷ってしまうこともあります。

最小限の補償内容で良い場合は500円のプランがありますが、車両保険や手荷物等特約といったオプションの特約も付帯させることでより手厚くリスクに備えることが可能になります。

免許取得してから日が浅い人やペーパードライバーの方が運転する場合は、手厚い補償内容で加入することをおすすめします

また、事故によって借りた車を壊してしまった場合、車両保険を付帯していないと修理代をカバーしてくれないケースもあります。

他にも、1日自動車保険の各商品によってロードサービスなど付帯サービスの条件や内容が異なってくるため、詳しく確認して最適な商品を選ぶようにしましょう。

運転スキル、特約、保険料、付帯サービス、割引制度など様々なポイントを加味して自分に合った商品を選ぶことが重要です。

1日自動車保険の口コミ・体験談

どんな場面で利用している?

  • 帰省中に親の車を借りて運転の練習をしたかったので加入しました。両親は保険では補償されなかったし、時間も限られていたので助かりました。
  • デートでドライブしたいと思ったとき友人が車を貸してくれることに。でも事故を起こした場合は友人に迷惑がかかると迷っていた時に1日自動車保険に出会いました。500円で加入できため負担もなく安心して運転できました。
  • サークルで旅行を企画。車で行くことになったものの、片道3時間以上かかるので途中で交代しながら行くことに。1日自動車保険から安く簡単に加入できるので学生には助かりました。

以上のように、親を含めて他人の車を運転する機会がある場合に加入していることが多いようです。

1日500円という手軽さもあって、ちょっとした運転機会でも加入する人が増えているようで特に学生など車を自分で所有していない人が多い傾向にあります。

1日自動車保険のメリット

  • スマホで契約が完結できるから、場所や時間を選ばずどこでも加入できて便利
  • 保険料がスマホと一緒に口座から引き落とされたので、クレジットカードの登録など煩わしい作業がなかった。
  • 当日の加入もできるので、帰省中に急に親の車を運転することになった場合も安心です。
  • 複数人で利用したり、複数回利用したりすると割引が受けられるなど特典が豊富。

料金の安さもそうですが、支払方法も携帯電話料金と一緒に引き落とされるため非常に便利だと評判です。

また、急に他人の車を運転する事態になった場合でも、車両補償を付けなければ当日中に加入できるので非常に使い勝手が良いです。

2回目利用や2人以上利用する際は保険料が割引される点も評価が高いようです。

1日自動車保険のデメリット

  • スマホ対応はdocomo、au、softbankの3社に限られるから格安スマホは対象外だった
  • 最長7日を過ぎると再度加入する必要があるので、8日以上で車を利用する人は少し面倒
  • 車両補償を付けるなら8日前までに申し込む必要がある

スマホ完結の1日自動車保険は大手通信キャリア3社に限定されているため、格安スマホ利用者は利用できる保険会社が限定されてしまいます。

また、1日自動車保険は各社共通で最大7日間の契約期間としているため、7日ギリギリまで加入する人は、渋滞やトラブルで契約期間が超過する際は再度加入する必要があります。

車両補償を付けるには8日以前の申込となっているため、急に他人の車を運転することになった際は車両補償が付けられないことも理解しておきましょう。

商品別口コミ・体験談

1DAY保険を選んだ人の口コミ

  • 手荷物補償が付いていたからより安心だと思った
  • セブンイレブンからでも加入できたので格安スマホの自分でも加入できた
  • 2人目から割引があるので複数人で加入する際にお得だったから
  • 宿泊費用も補償してくれるなどロードサービスが充実している
1DAY保険

1DAY保険は、業界で唯一の手荷物補償が付いた1日自動車保険なのでゴルフバッグや一眼レフカメラなど高価な所持品を車に積んでドライブする際に安心です。

また、スマートフォン以外にもセブンイレブンの店頭端末から加入できるので、docomo、au、softbankのスマホユーザー以外も加入できることも支持されています。

他にも、複数人割引・複数回割引などお得な特典が充実しているのはもちろん、移動費用や宿泊費用まで補償される「おクルマQQ隊」とよばれるロードサービスが充実しているのも魅力です。

ちょいのり保険を選んだ人の口コミ

  • 周りで利用している人が多く評判が良かったから
  • 1日自動車保険の中では歴史および実績が一番だから
  • ガラケーからでも加入できるはありがたい(2019年5月28日で終了)
  • 本人名義の携帯電話を持っていなかったから
ちょいのり保険

ちょいのり保険は、業界初の1日自動車保険として豊富な実績があり契約件数は100万件を突破する人気商品です。

スマートフォン以外の携帯電話からでも加入できるうえ、2親等以内の方(配偶者・子供・父母・祖父母・孫・兄弟姉妹)の本民名義以外の携帯電話・スマホからも加入できるのが特徴です。

また、ちょいのり保険を利用した際に保険事故がなかった場合は、東京海上日動の自動車保険に加入する際に「1日自動車保険無事故割引」が適用されます。

つまり、自動車の所有を将来考えている人は、自動車保険の加入の際に保険料がおトクになる特典が用意されています。

ワンデーサポーターを選んだ人の口コミ

  • 3名まで複数人登録できる指定被保険者が設定できたから
  • 1日単位ではなく24時間単位だったから
  • 2人目割引や2回目割引など割引サービスが充実しているから
ワンデーサポーター

ワンデーサポーターは、あいおいニッセイ同和損保から販売されている1日自動車保険です。

1DAY保険と同じくちょいのり保険に次ぐ後発商品のため、補償内容は充実しています。

ちょいのり保険との一番の違いは、保険期間が1日単位ではなく24時間単位となっており実質の補償期間が長いメリットがありましたが、現在はちょいのり保険も24時間単に合わせてきています。

手荷物補償がないことが1DAY保険との違いではありますが、指定被保険者制度もありロードサービスも充実しているので利便性は高い商品となっています。

21歳未満のドライバー必見!1日自動車保険の上手な活用法

21歳未満のドライバー必見!1日自動車保険の上手な活用法

自分の車を所有していないペーパードライバー向けに開発されたのが1日自動車保険です。

では、自分名義の車を持っているけども、週に1回程度しか車に乗らない人が1日自動車保険に加入することはできるのでしょうか。

確かに、週に1回程度しか車に乗らない人であれば、1日500円の保険料で、年間に換算しても26,000円の保険料で済むため割安です。

しかし、1日自動車保険では、自分名義の車は対象外となります。

21歳未満であれば任意保険でも保険料が割高になってしまいます。

そこで、あまり車に乗る機会がない21歳未満の人にオススメの利用法が、当分は親や兄弟の車を借りて1日自動車保険に加入することです。

実は、1日自動車保険は2回目からの利用が安くなったり、利用回数と無事故の実績によっては、任意保険に加入する際に料金が割安で加入できる特典が用意されています。

そのため、21歳になるまでは1日自動車保険を使用し、21歳になってから自分名義の車で任意保険に加入するのが賢い活用法です。

また、1日自動車保険は、ドコモ・ソフトバンク・auの自分名義の携帯電話から簡単に加入なうえ、補償期間が切れてしまう一時間前には通知がくるため、渋滞に巻き込まれてしまった場合でも安心です。

1日自動車保険は、補償の対象にならない車が多いいなど制限も多いですが、21歳未満の人などが賢く使えば、その後の任意保険に加入する際にも得をすることができます。

手荷物補償が付かないなど補償内容では1DAY保険に劣るものの、実績が一番豊富なため選ぶ人も多いです。

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved