1日自動車保険の申し込み・決済方法
コンビニで当日契約・決済できる1日自動車保険

コンビニ申し込み・決済ができる1日自動車保険を紹介!

1日自動車保険は人の車を借りて運転する際に加入する自動車保険ですが、当日に加入しても補償が適用される利便性が人気です。

1日自動車保険の中には、コンビニの店頭端末だけで申し込みから保険料の支払いまで完結できるものもあり、クレジットカード等を持っていない学生さんたちに多く利用されています。

この記事では、コンビニから加入できる1日自動車保険「ちょいのり保険」と「1DAY保険」をご紹介。

コンビニから加入できる1日自動車保険をお探しの方は参考にしてみてください。

コンビニが利用可能な1日自動車保険

コンビニで1日自動車保険に加入
1日自動車保険は、ドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォンから簡単に申し込みができる商品として注目されています。

保険料は携帯料金と一緒に精算される仕組みなので、支払い情報の登録が要らず非常に便利。レジャーで友人の車を運転したり、実家に帰ったときに家族の車を運転する等の際にも、余計な手間をかけずに1日自動車保険に加入することができます。

しかし、このような携帯申し込み可能の1日自動車保険は、3大通信キャリアと契約していない人やスマートフォンを所有していない人にとっては、利用が困難というデメリットがあります。

そこでおすすめしたいのが、コンビニの店頭端末から申し込み・決済が可能な1日自動車保険です。

損保業界では当初、三井住友海上がセブンイレブンの店頭端末で申し込み・決済が可能な「1DAY保険」と呼ばれる1日自動車保険を販売していました。

その後、東京海上が2018年5月30日よりローソンおよびミニストップで「ちょいのり保険」と呼ばれる1日自動車保険の販売を開始。

これら2つの1日自動車保険がコンビニから簡単に加入できる1日自動車保険として、高い人気を集めています。

保険商品 加入可能なコンビニ
ちょいのり
保険
ローソン、ミニストップ、
ファミリーマート
1DAY保険 セブン-イレブン

セブンイレブンで加入できる「1DAY保険」

1DAY保険

三井住友海上の1日自動車保険「1DAY保険」は、3大通信キャリアははじめとしたスマートフォンに加え、全国のセブンイレブンの店頭端末(マルチコピー機)から申込み・決済が可能。

1DAY保険はコンビニから加入できる1日自動車保険のパイオニアとして、累計販売数500万件と業界内トップの人気を集めています。

また、セブンイレブンは日本で最大の店舗数を誇る大手コンビニチェーン店なので、スマホユーザーでなくても簡単に1日自動車保険の手続きが行える点が1DAY保険の大きなメリットです。

1日自動車保険「1DAY保険」の加入方法

スマートフォン コンビニ
ドコモ、au、SoftBank、
Y!mobile、UQmobile
セブンイレブン

1DAY保険の補償内容と保険料

セブンイレブンから加入できる1日自動車保険1DAY保険の保険料と補償内容は、プランに合わせて下記の通りになっています。

エコノミー スタンダード プレミアム
保険料 800円 1,000円 2,500円
対人賠償保険
対物賠償保険 免責金額5万円 免責金額なし 免責金額なし
対物超過修理費用特約
自損傷害保険
搭乗者傷害特約
搭乗者傷害特約
ロード
サービス
車両復旧
費用保険
× ×
(免責金額
15万円)

※車両復旧費用保険が付帯されるプレミアムプランでは、1日自動車保険を適用させたい日より少なくとも7日以前に加入手続きを完了させておく必要があります。

保険料の金額は、最安のエコノミープランで1日800円から。スマホ経由でもコンビニ経由でも、支払う保険料は同じ金額で、申し込んだ当日から保険が適用されます。

ただし、車両復旧費用保険がついているプレミアムプランだけは、申込みをした当日には1日自動車保険が適用されません。最低7日以前に申込み手続きを完了させておく必要があるため、注意が必要です。

1DAY保険では、セブンイレブンのコンビニ店頭端末で手続きを行い、保険料の支払いはレジで行えます。ただし、支払いが現金またはセブンイレブンで利用できる電子カード「nanaco」に限定されている点に要注意。クレジットカードは使えません。

また、コンビニで申込み手順を全て完了させることもできますが、事前にパソコンやスマホを利用して「事前予約」をしておくとコンビニでの手続きを短縮させることができます。

では、1DAY保険をコンビニで加入するための詳しい手順を見ていきましょう。

セブンイレブンでの一日保険申込み手順・流れ

セブンイレブンのコンビニ店頭端末から1DAY保険に加入するには、下記の3ステップになります。

  • Step1:スマホ・パソコンで予約登録(しなくても良い)
  • Step2:コンビニで契約手続き
  • Step3:レジで支払い

Step1:スマホ・パソコンで予約登録

1DAY保険にコンビニで加入する際は、スマホやパソコンからあらかじめインターネットで「ネット予約登録サービス」にアクセスして予約登録を済ませておくことができます。

予約登録をしなくても問題ありませんが、セブンイレブンのコンビニ店頭の手続きが早く終わるためオススメです。

予約登録するためには、セブンイレブンの1DAY保険申し込みページから、「ネット予約登録サービス」にアクセス。氏名・生年月日・住所・運転免許証番号・運転免許証有効期限・運転する車のナンバープレート情報とメーカーを入力します。

入力が終わると、予約登録が完了し「予約コード」が発行されます。

このコードを控えて、近くのセブンイレブンに行きましょう。

Step2:セブンイレブンのコンビニ店頭で契約手続き

◯スマホ・パソコンで予約登録をした人

セブンイレブンのコンビニ店頭のマルチコピー機を利用し、「保険」→「1DAY保険」→「ネット予約登録サービスを利用されたお客さま」の順で画面をタッチ。

「予約コード」を入力する画面で控えたコードを入力して「払込票」を発券しましょう。

◯予約登録をしていない人

予約登録をしていなくても、セブンイレブンのコンビニ店頭にあるマルチコピー機を使えば、その場ですぐに1日自動車保険である1DAY保険に加入することができます。

コンビニのマルチコピー機を、「保険」→「1DAY保険」→「マルチコピー機からお手続きを開始されるお客さま」の順にタッチ。

氏名・生年月日・住所・運転免許証番号など、必要な情報を入力したら、すぐに「払込票」が発券されます。

Step3:レジで支払い

最後に、発券した「払込票」をセブンイレブンのレジに持っていき、現金もしくはnanacoカードで保険料を支払います。

ただし、nanacoカードで保険料を支払ってもnanacoカードのポイントは貯まりませんので、その点はあらかじめ認識しておきましょう。

以上の3つの手順で、セブンイレブンで「1DAY保険」への加入が終了します。

セブンイレブンのコンビニ店頭にあるマルチコピー機だけで登録はできるものの、時間短縮のためにインターネット上で予約登録をあらかじめ済ませておくのがベターでしょう。

セブンイレブンは全国に展開する店舗数がコンビニ業界で日本一ということもあり、加入のしやすさはトップレベルと言えます。

セブンイレブンでは24時間加入が可能なので、必要な時にすぐに手続きをすることができますよ。

1DAY保険はこちら

セブンイレブンで加入できる他の任意保険

セブンイレブンコンビニの中でも店舗数が多いので利便性が高く、わざわざ保険ショップや代理店に行かなくても24時間365日で1日自動車保険に加入できるのが魅力です。

それだけでなく、セブンイレブンコンビニ店頭にある専用端末から直接加入できる「自転車向け保険」「バイク自賠責保険」などの任意保険商品が充実しているのもポイント。すべて保険会社大手である三井住友海上が引受保険会社となっている商品なので、信頼性が高く万が一の場合も安心です。

なお、これらの保険商品は、1日自動車保険とは異なり1日限定の保険期間ではありません。年間単位で加入する一般的な保険商品と変わらない内容になります。

セブンイレブンの自転車向け保険

自転車を運転中の事故による相手への賠償、自身のケガに対する補償と、日常生活において起こる様々な賠償責任を、示談交渉付で最高3億円補償してもらえる保険です。

セブンイレブンの自転車保険の保険料は年間3,990円なので、月に換算すると333円という非常にお得な費用で利用できる点がポイント。

2020年8月現在、自転車向けの賠償責任保険は加入が義務化されています。通学・通勤で自転車を日常的に使う学生や社会人の方は、ぜひ加入を検討することをおすすめします。

セブンイレブンのバイク自賠責保険

バイク自賠責保険は、国の法律によって加入必須となっている自賠責保険です。

補償の対象は、原動機付自転車・車検不要の排気量250cc以下の二輪自動車。12ヶ月~60ヶ月の間から保険期間を選ぶことができます。

セブンイレブンのコンビニ店頭端末から申し込み、レジでお金を支払った時点で保険標章(ステッカー)と加入証明書をその場で受け取ることができ、かなり手軽に加入手続きを済ませられる点が魅力です。

こちらで紹介したセブンイレブンの保険商品は、1日自動車保険と同じく事前にネットから予約登録を済ませておくと、よりスムーズにコンビニ店頭手続きが行えます。

ローソン・ミニストップ・ファミリーマートで加入できる「ちょいのり保険」

ローソンの1日保険

次に、ローソン・ミニストップ・ファミリーマートで加入できる1日自動車保険を見ていきましょう。

ローソン・ミニストップでは、東京海上日動火災が引受会社となっている1日自動車保険ちょいのり保険」に加入することが可能です。

東京海上日動火災はdocomoの1日自動車保険「ワンタイム保険」の引受会社となっているなど、1日自動車保険販売に関して長年の実績がある信頼感のある保険会社。

ちょいのり保険自体は、コンビニ加入できる1日自動車保険としては1DAY保険に続く形で販売された保険商品ですが、加入方法の柔軟さや保険料の安さなどで高評価を得ています。

1日自動車保険「ちょいのり保険」の加入方法

スマートフォン コンビニ
3大キャリアのスマホ、
格安スマホ、
パソコンからも可能
ローソン、ミニストップ

ちょいのり保険はコンビニから加入できるのはもちろん、通信キャリアにしばられずあらゆるスマートフォンからも加入可能。パソコンでもOKです。格安スマホ・パソコンからの加入の場合、保険料の支払いはクレジットカードになります。

※ちょいのり保険はファミリーマートでも加入が可能ですが、ファミマを選択する場合は店頭端末から1日自動車保険の申込みを完結することはできず、必ずスマートフォン・パソコンからの作業が必要です。
そのため、ここではコンビニからの手続きのみで1日自動車保険申し込みを完結できるローソン、ミニストップについてご紹介していきます。

ちょいのり保険の補償内容と保険料

プラン 車両補償なし 車両補償あり
スタンダード
車両補償あり
プレミアム
保険料 800円 1,800円 2,600円
賠償に関する補償
自身・同乗者の補償
ロード
アシスト
車両補償 ×
免責金額
15万円

免責金額
10万円
弁護士費用
特約
× ×

※車両補償が付帯されるスタンダードプラン・プレミアムプランでは、1日自動車保険を適用させたい日より少なくとも7日以前に加入手続きを完了させておく必要があります。

保険料は最安のプランで1日500円から。ワンコインで加入することができます。

2020年1月にいくつかの損害保険会社が1日自動車保険の保険内容を見直し保険料を値上がりさせた中で、「ちょいのり保険」は当初からの保険料500円を変えていません。

リーズナブルな保険料で入れる1日自動車保険として大きな支持を集めています。

なお、コンビニから加入する場合には支払いは現金のみになります。

ちょいのり保険も申込み当日から保険が適用されますが、車両補償ありのプランについては1日自動車保険を適用させたい日より最低7日前に加入手続きをしなければいけない点に注意して下さい。

ローソンの一日保険申込み手順・流れ

ローソン・ミニストップのコンビニから1日自動車保険に加入するには、下記の3ステップが必要です。

  • Step1:スマホ・パソコンで予約登録(しなくても良い)
  • Step2:コンビニで契約手続き
  • Step3:レジで支払い

Step1:スマホ・パソコンで予約登録

この予約登録の手順は行わなくても大丈夫ですが、コンビニでの登録手順を簡略化することができるので、行っておくことをおすすめします。

予約登録をするには、まずローソン公式サイトから1日自動車保険「ちょいのり保険」のお申し込みページに進み、「ネット予約」をクリック。

ミニストップから加入をしたい方も、ローソン公式サイトを利用します。

氏名、生年月日、ご住所、メールアドレス、運転免許証番号、運転免許証有効期限などの必要情報を入力すると、「予約コード」が発行されます。

コードを控えて、ローソンもしくはミニストップに行きましょう。

Step2:コンビニで契約手続き

◯スマホ・パソコンで予約登録をした人

コンビニ店頭にあるLoppiで、「各種番号をお持ちの方」を選択。

予約コードを入力し、画面の指示に沿って1日自動車保険の手続きを進めると、1日自動車保険の申込券(払込票)が発券されます。

◯予約登録をしていない人

コンビニ店頭にあるLoppiで、「各種サービス画面」から「ほけん」を選択。商品選択で1日自動車保険「ちょいのり保険」を選択し、画面の指示に沿って手続きを進めましょう。

最後に、1日自動車保険の申込券(払込票)が発券されます。

Step3:レジで支払い

最後に、発券した「払込票」をレジに持っていき、現金で保険料を支払います。

最短でレジ支払後から1日自動車保険の補償期間が開始するので、当日に車を借りることになった際も安心です。

ただし、車両保険が付いたプランに申し込みたい場合は、Loppiで契約した日から8日以降でないといけない点に注意しましょう。

ちょいのり保険はこちら

ローソン・ミニストップ・ファミリーマートで加入できる他のおすすめ任意保険

ローソンやミニストップでは、1日自動車保険の他にも「自転車保険」や「バイク自賠責保険」などの任意保険に加入することが可能です。いずれも加入が義務付けられているものなので、加入していない方はぜひ検討してみて下さい。

ローソンの自転車保険

相手への補償額が無制限(免責金額の設定なし)で、高額な金額を請求されることも多い損害賠償にも対応。自分のケガや入院もしっかり補償してくれます。

ローソンの自転車保険は保険料が安いのが魅力で、年間2,820円(月々約235円)から加入可能。また、示談交渉付きなのでケガをさせた相手との交渉も自分で行う必要がありません。

ローソンのバイク自賠責保険

原動機付自転車・車検不要の排気量250cc以下の二輪自動車を補償の対象とし、12ヶ月~60ヶ月の間から保険期間を選ぶことができます。

ローソン・ミニストップのコンビニ店頭端末から申し込み、レジでお金を支払った時点で保険標章(ステッカー)と加入証明書をその場で受け取ることがます。

このように、ローソンでも1日自動車保険以外の任意保険の受付を行っています。

特に自転車保険やバイク自賠責保険は加入が義務付けられている保険ですが、つい加入を忘れがちです。1日自動車保険とあわせてチェックしてみることをおすすめします。

コンビニから1日自動車保険に加入する際の注意点

注意点

コンビニから1日自動車保険に加入する際には、いくつか注意点があります。ここでは、コンビニから1日自動車保険に加入する場合に確認すべき点を解説します。

保険料は現金払い

コンビニから1日自動車保険に加入した場合、保険料の支払いはレジで現金払いになります。

クレジットカードは利用できないため注意しましょう。もしクレジットカードを利用して支払いをしたい場合には、コンビニ加入ではなくスマホから加入するようにしてください。

車両補償を付帯させる場合は1週間前に事前登録を

1日自動車保険に車両補償を付帯させる場合には、保険期間を開始させる日から1週間前までに事前登録を済ませておく必要があります。

事前登録は、はじめて1日自動車保険を利用する際に運転者の情報などを登録する作業です。

1日自動車保険では、車両補償なしのプランであれば事前登録も含めて利用したい日の当日に行えば問題ありませんが、車両補償ありプランの場合には事前登録だけは1週間前に完了させなければいけません。

事前登録だけでは保険料は発生しないため、できるだけ早く済ませておくことをおすすめします。

事前登録時に必要となる情報を忘れずに準備

1日自動車保険の事前登録を行う際には、契約者の運転免許証番号などが必要です。

もしコンビニで事前登録も含めて加入手続きをする場合には、必要な情報を忘れずに準備していきましょう。

事前登録や加入手続きに必要な情報は、下記のとおりです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 運転免許証番号
  • 運転する予定の車のナンバー

コンビニ以外で加入できる一日自動車保険は?

スマホから加入

ここまで、コンビニから加入できる1日自動車保険について紹介してきました。

コンビニから加入できる1DAY保険、ちょいのり保険ですが、もちろんスマホからも加入することができます。また、もしコンビニではなくスマホを利用して1日自動車保険に加入したい場合には他の保険商品を選ぶことが可能です。

スマホから加入できる1日自動車保険は、下記のとおりです。

  • ワンデーサポーター
    (あいおいニッセイ同和損保)
  • 乗るピタ!(損保ジャパン)
  • ワンタイム保険(東京海上日動)

ワンデーサポーター(あいおいニッセイ同和損保)

ワンデーサポーター

ワンデーサポーターはあいおいニッセイ同和損保から販売されている1日自動車保険です。

ロードサービスが充実しているのが特徴で、事故時に自宅へ移動する際の費用や最寄りのホテルに臨時宿泊する際の費用などが補償されます。

料金プラン

車両補償なし
エコノミー
車両補償なし
ベーシック
車両補償あり
ワイド
800円 1,000円 2,500円

加入方法

コンビニ 不可
スマホ au、docomo、Softbank、
Y!mobile、UQ mobile
パソコン 不可

乗るピタ!(損保ジャパン)

乗るピタ!

乗るピタ!は損保ジャパンから販売されている1日自動車保険で、12時間で利用できるプランが用意されている点が特徴。12時間の場合、保険料が比較的安めに設定されているのでお得に利用することができます。

料金プラン

車両補償なし
ライトプラン
車両補償あり
基本プラン
車両補償あり
安心プラン
1,000円
(半日800円)
2,700円
(半日2,150円)
3,500円
(半日2,800円)

加入方法

コンビニ 不可
スマホ au、docomo、Softbank、
各種格安スマホ
パソコン

ワンタイム保険(東京海上日動)

ワンタイム保険

ワンタイム保険は東京海上日動から販売されている1日自動車保険で、docomoのスマホから加入できる保険商品です。docomoユーザー以外は加入することができないため注意して下さい。

ワンタイム保険の特徴は特約して弁護士費用特約が付帯されている点。もらい事故の際に弁護士に示談対応を相談したり、訴訟の際の相談をする際の費用が補償されます。

料金プラン

車両補償なし
シンプルプラン
車両補償あり
レギュラープラン
車両補償あり
プレミアムプラン
800円 1,800円 2,600円

加入方法

コンビニ ローソン、ミニストップ、
ファミリーマート
スマホ au、docomo、Softbank、
各種格安スマホ
パソコン

以上がスマホから利用できる1日自動車保険です。

格安スマホにも対応しているので、コンビニではなくスマホもしくはパソコンから加入したいという場合には、こちらでご紹介した1日自動車保険も選択肢に入れてみてくださいね。

セブン・ローソン・ミニストップ・ファミリーマートのコンビニで1日自動車保険が利用可能

今回は、コンビニで加入できる1日自動車保険と、各社コンビニからの1日自動車保険申し込み方法について解説してきました。

現在セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートの4社のコンビニから1日自動車保険を利用することが可能です。

◯1日自動車保険に加入できるコンビニ

  • セブンイレブン:1DAY保険
  • ローソン・ミニストップ・ファミリーマート:ちょいのり保険

セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートで取り扱っている1日自動車保険は、いずれも1日500円~800円からと手頃な料金で1日自動車保険に加入することができ、申込み当日から保険が適用開始。

ただし、車両補償プランがついている1日自動車保険を選ぶ場合には、最低8日前に申し込み手続きが必要となるため、注意が必要です。

スマートフォンがなくても思い立った時にお近くのコンビニから加入をすることができるため、友人や家族の車を使う際などにはぜひ1日自動車保険の加入を検討してみてください。

また、セブンイレブンやローソンでは、1日自動車保険だけでなくコンビニから加入できる自転車保険やバイク賠償責任保険なども用意しているので、合わせてチェックしてみてください。

RELATED POST
1日自動車保険の申し込み・決済方法

格安スマホの場合

2020年8月2日
1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版
格安スマホ利用者向けの1日自動車保険 増える格安スマホ利用者 格安スマホは、大手携帯電話3社の半額以下の料金で利用できるうえ、通信速度や通話品質もそこまで悪くないので急拡大して …
1日自動車保険の申し込み・決済方法

【コンビニから加入可能な1日自動車保険】ローソン・セブンイレブンを利用

2020年8月2日
1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版
1日自動車保険はスマホから簡単に申し込みできるのが魅力ですが、格安スマホなどは対象外とされる保険商品もあり、ユーザーによっては利用できないこ …