子供に車を貸す場合

  • HOME
  • 子供に車を貸す場合
mind

子供だからこそ1日自動車保険は加入必須

運転に慣れていない子供は要注意

運転に慣れていない子供は要注意

学生の子供などに多いですが、車を所有していないものの帰省中に親の車を借りて運転する人が意外と多いです。

そんな時に、親の自動車保険で補償を受けることが可能なこともありますが、保険を使ってしまうと等級が下がってしまうので保険料の安い1日自動車保険で備えることをおすすめします。

車を自分で所有していないということは、普段から運転に慣れていない証拠なので、事故を起こすリスクは自ずと高くなります

1日自動車保険に加入しておけば、あらゆる事故による損害を補償してくれるのでリスクヘッジとしては非常に効果的です。

子供が帰省して車を運転したいと言った場合は、1日自動車保険に必ず加入させるようにしましょう。

想定される事故と補償内容まとめ

運転中に他人をケガさせてしまった場合 対人賠償保険(無制限)

運転中に事故を起こして他人をケガさせた場合、1日自動車保険には対人賠償保険が無制限で付いているので安心です。

運転中に他人の財物に損害を与えてしまった場合 対物賠償保険(無制限)

運転中は事故によって人間だけでなく他人の財物(車や構造物など)を壊してしまって損害を与えてしまうことがあります。この場合、対物賠償保険が無制限で1日自動車保険は付いてくるので高額な財物に損害を与えた際も安心です。

相手が他の車の修理費用が時価を超えた場合 対物超過修理費用特約(支払限度額50万)

対物賠償保険は、時価額を超える損害については補償することができないデメリットがあります。例えば損害を与えた車が古い場合、修理費用が時価を超えることがよくありますが、1日自動車保険では対物超過修理費用特約が50万円の支払限度額で設定されているので安心です。

単独事故でケガをした場合 自損(事故)傷害保険

電柱に衝突するなど単独事故によってケガ・死亡・後遺障害が起きた場合は、自損(事故)傷害保険によって補償されます。受け取れる保険金は、ケガ・死亡・後遺障害など状態によって異なってきます

搭乗中の事故によってケガをした場合 搭乗者傷害保険

借りた車に搭乗している際に事故等によってケガ・死亡・後遺障害が生じたときは、搭乗者傷害保険によって補償を受けることができます。ケガの場合は一時金として10万円程度の保険金が支払われ、死亡・後遺障害の場合は1,000万円の保険金を受け取ることが可能です。

借りた車が壊れた場合 車両補償(車両復旧保険)

借りた車が壊れた場合は、全ての1日自動車保険で補償されるわけではないので注意が必要です。事前に車両補償が付いたプランを選んで加入しておかなければなりません。車両補償は、300万円を限度に補償してもらえますが、免責金額(自己負担額)が10万~15万円ほど設定されているので注意してください。

借りた車が壊れて動かない ロードアシスト

借りた車が故障や事故による損傷によって動かなくなりレッカー搬送が必要になった場合にロードアシストで対応してくれます。また、商品によっては宿泊費用や寄託費用など保険金を支払ってくれます。

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved