事故に手厚く備える!1日自動車保険の車両補償ありプラン

  • HOME
  • 事故に手厚く備える!1日自動車保険の車両補償ありプラン
haircut

車両補償特約を付けた場合の費用を比較!

1日自動車保険の車両補償の内容

1日自動車保険は、他人が所有する車を運転する際に1日単位で加入できる自動車保険です。

特徴は、500円~800円程度で加入することができ、自動車を運転する当日に加入をすれば良いという手軽さ。また、事故が起きた際の対人賠償責任保険や対物賠償責任保険もしっかり備えており、一般的な自動車保険と比べても遜色のない補償内容が魅力です。

そんな1日自動車保険ですが、選ぶ際のポイントとなるのが車両補償の有無

一般的に、1日自動車保険は「車両補償なし」と「車両補償ありプラン」が用意されています

車両補償をつければ保険料が高額になってしまうため、車両補償の無いプランを選びたいと思う方もいるかもしれません。しかし、万が一の際の補償の手厚さを考えると、車両補償を検討した方が良いケースがあるのです。

そこで今回は、1日自動車保険の車両補償ありプランの内容について解説していきます。

車両補償で対応できるシーン

車両補償とは、事故にあった際に乗車していた車に損害が発生した場合に、その修理費用や代替車の購入を補償してくれるものです。

対人・対物の事故では、相手に対する損害だけでなく自分が運転していた車の損害も発生することは多いでしょう。損害が大きい場合、自費で修理すると何十万という費用がかかってしまう可能性もあります。そんな時に備えて加入しておくのが車両補償ありプランです。

多くの1日自動車保険では、車両補償として最大300万円を限度に補償額が設定されています。車の修理費用、もしくは代替車の購入・借用の時価額のうち、どちらか低い金額が300万円まで補償されることになります。

1日自動車保険に加入するのは他人の車を運転する際なので、事故にあってしまえば「他人から借りた車を傷つける」ということになります。そういった場合、修理の費用負担を要求されるケースも十分に考えられるため、修理費用について補償があると安心と言えるでしょう。

車両補償ありプラン契約時の注意点

ほとんどの1日自動車保険では車両補償ありプランを用意していますが、車両補償を付加する際には注意点があります。

免責金額がある

1日自動車保険のほとんどの車両補償ありプランでは、一定の免責金額を設けています。プランにもよりますが、10万円や15万円が一般的。

自分が乗っていた車が事故で壊れて修理した場合でも、修理にかかった金額が免責金額以下であれば補償はされなくなってしまいます。また、たとえば免責金額が10万円で修理費用が20万円かかったという場合には、補償される金額は10万円のみで、残り10万円は本人の負担となります。

このように、1日自動車保険の車両補償ありプランに加入してもどんな損害でも補償がおりるわけではないことを事前に把握しておきましょう。

1週間程度前からの申し込みが必要がある

1日自動車保険の大きな特徴は保険が必要な当日に申し込めば良いという点ですが、車両補償ありプランにを利用する際には1週間程度前に手続きをしておかなければいけません

保険商品によって何日前に申し込まなければいけないか若干の違いがありますが、ほとんどは7日~8日前に加入が必要。いきなり明日に車を運転することになったなどの場合には、車両補償ありプランに申し込むことはできないので注意しましょう。

費用で比べる1日保険の車両補償ありプラン

ここからは、実際に販売されている1日自動車保険の車両補償ありプランの保険料を比較してみましょう。

1日自動車保険の代表的な商品として、「ちょいのり保険」「乗るピタ!」「1DAY保険」の3つをピップアップしてみました。

1日自動車保険の車両補償ありプランの料金比較

ちょいのり保険 1day保険 乗るピタ!
免責金額15万円 1500円 2500円 1500円
免責金額10万円 2100円 - 2000円

ちょいのり保険(東京海上日動)、1DAY保険(三井住友海上)、乗るピタ!(損保ジャパン)は、スマホ・コンビニから加入できる利便性が人気の1日自動車保険です。

それぞれ車両補償ありプランを用意しており、免責金額によって保険料が変わります。

補償内容については3社とも大きく違いはなく、事故の相手方への賠償や車に乗っている間のケガ、同乗者のケガに対する補償などを備えています。

保険料がお得なのは「ちょいのり保険」か「乗るピタ!」

車両補償ありプランの保険料で比較すると、「ちょいのり保険」か「乗るピタ!」がおすすめ。ちょいのり保険も乗るピタ!も、免責金額15万円のプランでは、1日あたり1,500円の保険料で済みます。

免責金額が10万円のプランでは、乗るピタ!の方がわずかではありますが安く済むため、よりお得に備えたいという方は乗るピタ!を選ぶと良いでしょう。

一方のちょいのり保険は、免責金額が10万円の車両補償ありプランではもらい事故にあったときの弁護士費用を補償してくれる「弁護士費用特約」というサービスがついており、より補償が手厚くなっている面があります。

安さをとるか、補償の手厚さをとるか、自身のニーズに合わせて選んでみましょう。

ちょいのり保険、乗るピタ!ともにスマホ(ドコモ・au・ソフトバンクその他)やコンビニ(セブンイレブンもしくはローソン、ファミリーマート)から加入することができるため、ぜひ検討してみてください。

手厚く備えるなら車両補償特約の付加を検討しよう

今回は、車両補償ありプランの1日自動車保険について比較して紹介しました。

車両補償を付加すると保険料は高額になってしまいますが、万が一事故にあった際の車の修理費が補償されるため、事故時の負担を軽減できるケースがあります。

車両補償ありプランでも保険料は1日あたり1500円~2500円程度で済むため、事故に対する安心がほしいという方は車両補償ありプランを選ぶのがおすすめです。ぜひ検討してみてください

また、補償はそこまで手厚くなくてかまわないから、とにかく安く1日自動車保険に加入したいという方は、下記のページをご覧ください。主要な1日自動車保険について、料金・補償内容で比較しています。

page_top

Copyright 1日自動車保険比較ランキング※保険選びの決定版 All Rights Reserved